ボクらは普通を愛しすぎてる

平凡なぼくが小さな一歩を踏み出し続けるためのブログ。 同じような思いを抱えている人が共感して少しでも元気になってもらえたら嬉しいです。

グローバルIPアドレスとプライペートIPアドレスの違いとは?例えも用いて分かりやすく解説!

time 2020/07/12

グローバルIPアドレスとプライペートIPアドレスの違いとは?例えも用いて分かりやすく解説!

 

突然ですが、グローバルIPアドレスとプライペートIPの違いとはなんでしょう?

 

IT業界で仕事をしている人でも実はよくわかっていないという人は多いのではないでしょうか。

 

普段はプログラミング(開発)メインで仕事をしていると、あまり意識しないところではありますよね。

 

でもいざたまに出てきたり必要になったりするけど、分かる人になんとかしてもらって、なんとなくで過ごしてしまっている人も多いかと思います。

 

そこで今回は、グローバルIPアドレスとプライペートIPの違いについて、そもそもIPアドレスってなんだっけというレベルのあなたにも分かりやすいように例え話も交えて解説していきたいと思います。

 

では早速みていきましょう!

 

「IPアドレス」を一言で表現すると?

 

まず「IPアドレス」を一言で説明するなら、

 

ネットワーク上でのパソコンの住所

 

といえるでしょう。

 

そして、そのIPアドレスにもグローバルIPアドレスとプライペートIPアドレスの2種類があり、

 

グローバルIPアドレスはインターネット上で一意となる住所

 

プライベートIPアドレスはそのネットワーク上で一意となる住所

 

といえます。

 

インターネットについては、以前IoTについての記事を書いた際にもまとめていますのでこちらも読んでもらえたらより理解が深まるかもしれません。

 

https://endmora.com/it/about_iot/ ‎

 

「グローバルIPアドレスとプライペートIPアドレスの違い」を一言で表現すると?

 

次に「グローバルIPアドレスとプライペートIPの違い」を一言で説明するなら、

 

グローバルIPアドレスに対してはインターネット経由でアクセスできるのに対して、プライベートIPアドレスに対してはインターネット経由でアクセスすることができない

 

といえるでしょう。

 

「グローバルIPアドレスとプライペートIPアドレスの違い」を詳しく見てみる

 

ということで、詳しく解説していくと、

 

まずIPアドレスというのはネットワーク上でのパソコンの住所でした。

 

そして、グローバルIPアドレスはインターネット上で一意となる住所

 

プライベートIPアドレスはそのネットワーク上で一意となる住所

 

ということなのですが、まずはグローバルIPアドレスについて詳しくみていきましょう。

 

グローバルIPアドレスとは?

 

グローバルIPアドレス=「インターネット上での一意となる住所」とはどいうことでしょうか?

 

普通なんらかのWebサービスなどのWebサイトにアクセスする際にはインターネットで、そのページの URLを開いていると思いますが、そのURLは絶対一意になっています。

 

一意というのは他に全く同じURLは存在しない、ということです。

 

そうでないと、同じURLを開いているのに、ある時はボーリング上のサイトが開き、ある時はカラオケ店のサイトが開く、みたいなことが起きたら困りますよね。

 

そしてこのURLというのは実はグローバルIPアドレスと紐付けがされていて、実際にはそのグローバルIPアドレスを持っているパソコン(サーバ)にアクセスして、Webサイトを見ることができているのです。

 

※分かりやすさ優先で簡略化していますが、本当はURLの中にあるドメインというものがグローバルIPアドレスと紐付いています、この辺の話はまた別途記事にしたいと思います

 

つまりURLが一意ならそれに紐づくグローバルIPアドレスも当然インターネット上で一意になるわけです。

 

そしてこのグローバルIPアドレスは、プロバイダーと言われる専門の企業が各企業や個人にお金をもらって払い出しを行っています。

 

例えば、家でルーター(wifi)を準備するのに月額でお金がかかるのはこのグローバルIPアドレスの使用料にお金がかかっているのです。

 

また、インターネット上のWebサイトにはグローバルIPアドレスが払い出されているのですが、そのサイトにアクセスするためにインターネットに接続するパソコンもグローバルIPアドレスが払い出されていないとそもそもインターネットに接続することができません。

 

しかしこのグローバルIPアドレスというのは有限で、数に限りがあります。



インターネットに接続するあらゆるパソコンに1個ずつグローバルIPアドレスを払い出していては、グローバルIPアドレスが枯渇しています。

 

すると、枯渇を防ぐために全てのパソコンにグローバルIPアドレスを払い出すことはできないから、「グローバルIPアドレスを共有して使おう」という発想が出てきます。

 

そこで登場するのがプライペートIPアドレスです。

 

プライペートIPアドレスとは?

 

グローバルIPアドレスを共有して利用するために、同じネットワークにいるパソコンであれば同一のグローバルIPアドレスを利用してインターネットを利用するように設定することができます。

 

そこで、同じネットワーク内にいるパソコン同士は自分たちで決めたIPアドレスを使ってやりとりするようにし、インターネットを通じて他のグローバルIPアドレスにアクセスしたい時だけ、共有のグローバルIPアドレスを利用してアクセスします。

 

この自分たちで決めたIPアドレスをプライペートIPアドレスといいます。

 

※自分たちで決めると言っても、難しい話をする気はあまりないので今回は詳しくは解説しませんが、以下のプライペートIPアドレスは以下のいずれかを利用する、というルールがあります。

 

10.0.0.0~10.255.255.255
172.16.0.0~172.31.255.255
192.168.0.0~192.168.255.255

 

最初に

 

プライベートIPアドレスはそのネットワーク上で一意となる住所

 

と、言った通り、同一ネットワーク上で一意にならないと、同じネットワークにいるパソコン同士のアクセスで、同じプライペートIPアドレスを持つパソコンが複数いると、特定のパソコンにアクセスすることができないため、同一ネットワーク上で一意になる必要があります。

 

しかし、別のネットワークであれば、全く同じ「192.168.1.10」というIPアドレスが複数存在しても問題ありません。

 

またこのプライペートIPアドレスは決してインターネット上に公開されたIPアドレスではないので、インターネット経由でアクセスはできませんし、設定するのに料金もかかりません。

「グローバルIPアドレスとプライペートIPアドレス」を現実世界で例えると

 

最後に「グローバルIPアドレス」と「プライペートIPアドレス」を現実世界に置き換えてもっと分かりやすくイメージしてみましょう。

 

同一ネットワーク=マンション、

 

グローバルIPアドレス=マンションの住所

 

プライペートIPアドレス=マンションの部屋番号

 

と考えると分かりやすいと思います。

 

同一ネットワーク上ではプライペートIPアドレスでやり取りをするというのは、

 

例えばあなたがマンションに住んでいたとして、同じマンションの102号室の住人を尋ねる際には、そのマンションの住所を知らなくても102という部屋番号さえ知っていれば尋ねることができる

 

ということと似ていると考えるとイメージしやすいかと思います。

 

また、別のネットワークであれば、全く同じIPアドレスが複数存在しても問題ないというのは、

 

102号室という部屋番号はそのマンション内では一つしかない部屋番号ですが、別のマンションに行けば当然そのマンションにも102号室は存在していてもいい

 

というのと似ています。

 

そして、マンションの外を出てどこかに出かけたいなら世界中で一意となる住所(=グローバルIPアドレス)を知らないと訪れることができないです。

 

 

まとめ

 

ということで今回は「〇〇」について分かりやすく解説してみました。

 

IPアドレス=ネットワーク上でのパソコンの住所

 

グローバルIPアドレス=インターネット上で一意となる住所

 

プライベートIPアドレス=そのネットワーク上で一意となる住所

 

グローバルIPアドレスに対してはインターネット経由でアクセスできるのに対して、プライベートIPアドレスに対してはインターネット経由でアクセスすることができない

 

ということが理解できるようになっているとよいですね!

 

down

コメントする